2017年04月20日

ジャムの日

今年もたくさんイチゴをいただき

イチゴジャムを作りました

image


image

image


日本ジャム工業組合にて
(東京・千代田区 http://www.jca-can.or.jp/~njkk/

4月20日を「ジャムの日」に制定し
jamday_420hp


日本記念日協会に認定されました
 
この日付は

1910年(明治43年)4月20日に
長野県北佐久郡三岡村(現在の小諸市)の塩川伊一郎氏が
「苺ジャム」を明治天皇に献上したとの記録があり
明治初期に始まった日本のジャム産業の発展に
大きく貢献したとの事からだそうです
 


 


knackspace at 15:06|PermalinkComments(0)豆知識 | 食材

2017年04月08日

セモリナ

今年も
もう
桜の季節ですね


お久しぶりで恐縮です


暖かくなるとお弁当を持って
お花見やピクニックに行きたくなるものですよね


サンドイッチや
チーズやパテなどを乗せるのにもいい
ワインにも合う
美味しいパンのご紹介


パスタを作るのに使う
我が家のセモリナ粉
賞味期限が近づいてきました


パンに使うと


中身がもちもち
表面がパリッとした感じになります


さらに

成形のときに巻き終わりを薄く伸ばし
オリーブオイルを塗ることで
パリッと感が増して


美味しい


巻き方を
強くするか
弱くするかで


パンの硬さが変わりますので
お好みで

今回はちょっと固めで作りました

BlogPaint




ちょこっとレシピ

強力粉 130g に対して
デュラムセモリナ粉 30g
薄力粉 50g



軽くて
パリッと
モチっとした

食感になりますよ


 

knackspace at 00:33|PermalinkComments(0)ぱん | レシピ

2017年01月07日

七草粥

あけましておめでとうございます~✨

年末年始の暴飲暴食で
疲れた胃にも優しい

七草粥

今年も無病息災を願って

image


七草言えますか?

はこべら
ごぎよう
すずしろ
せり
すずな
なずな
ほとけのざ

なんだか呪文のようですね(笑)

昔は

野山に取りに行ったのでしょうけれど

今は

スーパーでパックになって売ってますね(笑)

私もスーパーで買うのですが
庖丁で刻むと

草の香りが

春を思わせます

お料理に季節感
大事ですね




knackspace at 22:39|PermalinkComments(0)料理 | 季節

2016年12月22日

クリスマスのお菓子 クグロフ


今年はシュトーレンと一緒に
クグロフも一緒に焼きました

BlogPaint

甘いのもやしょっぱいもの
作る人によって
味も千差万別のようですが

私が作ったのは
お菓子というよりは
パンに近いもの

フランスパン専用粉を使って
(今回はトラディションフランセーズ)
天然酵母で作りました

ラム酒漬けレーズンとカレンズ
アーモンド・くるみ・カシューナッツを入れて

アルザス地方はドイツと近いこともあり
ビール酵母で作るとか

帽子のような形の型にで焼きます


一説にはクグロフは
マリーアントワネットの好物で

「パンがなければお菓子を食べればいいのに」といった

「お菓子」は
クグロフのことだそうですよ



BlogPaint



クグロフ豆知識


クグロフ アルザス 陶器



Kouglof:クグロフ(ドイツ語ではKugelhopf:グーゲルフップフ)は、
帽子のような形の型で焼き上げる干しぶどう入りのブリオッシュで、アルザス地方を代表するお菓子のひとつです。アルザス地方のパン屋やお菓子屋さんのショーケースにはクグロフが並んでおり、また、アルザスの家庭には一家に1つはクグロフの型があるらしく(大阪でいうと、たこ焼き器みたいな感じ?)、お祝い事やクリスマスなどの際に焼く習慣があります。

クグロフ アルザス 陶器

クグロフの起源にはさまざまな説があります。
たとえば、キリストの誕生を祝いに来た東方の三博士がアルザス地方リクヴィルのパティシエKugelさんの親切に感謝して焼いたものである(パティシエを差し置いて博士が焼いたのか?!)という宗教の観点からのものや、東方の三博士が、教会を出たときに、かぶっていた帽子を忘れ、十字軍の遠征の帰りに、ストラスブールのお菓子屋さんで型として使われているのを見つけた(拾った帽子をクグロフの型にしたパティシエ斬新すぎるなしかし!)という少しおとぎ話系のもの、はたまた、オーストリアで既に流行っていたクグロフを、あのマリーアントワネットがフランスにお嫁入りする時に持ち込んだという説(これが一番有名&しっくりくる!?)などがあります。ちなみに、マリーさんの有名なセリフ『パンがなければお菓子を食べればいいじゃない?』の『お菓子』とは『クグロフ』であるという話もあったり。

クグロフ アルザス 陶器

クグロフの型には、シリコン加工されたものやブリキなど異なった材質で作られたものも多数ありますが、陶器の型を使うと、熱がゆっくりとそして均一に伝わるため、より『ふんわり』とした仕上がりが期待できます。現在も、アルザス地方のパン屋さんやお菓子屋さんは、陶器のクグロフ型にこだわって使い続けている職人さんが多いとのこと。
また、なんといっても、見た目もとてもかわいいので、使わない時は、デコレーションとしてキッチンに飾っておくのも素敵です。

クグロフ アルザス 陶器

ルザス在住主婦、ブリジットさんに教えてもらった『本場のクグロフレシピ』をご紹介します。
今回は、基本の『干しぶどう入りクグロフ』のご紹介ですが、ベーコンとくるみを入れた[辛い系]のクグロフも、アペリティフ(食前酒)のお供としてとても人気がありますので、レシピを入手したらご紹介させていただきます。また、クグロフ用の型ではありますが、使い方は自由です。たとえば、パウンドケーキを焼くのに使ったりもできますよ♪



knackspace at 18:54|PermalinkComments(0)お菓子 | 豆知識

2016年12月21日

クリスマスのパン シュトーレン

最近では シュトーレン
日本でもクリスマスに店頭に並ぶことが多くなりましたね

ドイツでははクリスマスまで
薄くスライスして少しづつ食べるそうですが

我が家では
大掃除のお供

お掃除の合間に一切れづつ
疲れが癒えて
やる気がアップします

今年は
諸事情で
焼くのが遅くなってしまいました

美味しいので
すぐ食べてしまって
クリスマスまで持ちそうにない

もう一つ焼きましょうか

BlogPaint


作る人の数だけ味は色々なんですが


我が家の味は

粉は強力粉と薄力粉をミックス
(強力粉6〜8:薄力粉2〜3位)
ドライフルーツ
木ノ実
スパイス
リキュール
年によってマジパンなど
盛りだくさんに入ります






シュトーレンについて


 シュトーレン形状由来説

「柱」「坑道」の意味があると言う説。
ドイツ語「stollen」が坑道や柱を表す物と言います。確かにカットした断面を見れば山型で、上には雪が積もり、中にくるまれたマジパンやフルーツはまるで山に穿たれたトンネルのようにも見えます。本来の語源はこれではないでしょうか。但し、形態や原型は古くからあり、特に「柱」や「薪」の形状は、火にして燃やす事が再生を象徴する呪術的儀式との説もあります。

イエスキリスト由来説
もともと長い形のパン類を中北部ドイツではStriezel又はStruzelと呼び、そのパンがStriezel marktで販売され、その形が降誕祭(キリストの生誕)物語にある『むつき(赤子を包む布、オムツ)に包まれた子供』を想像させたというものです。しかも、ドイツのザクセン地方の人々は方言で、この膨らんだパンを、Stolle又は、Stollenと呼んでいて、そこから思い巡らし、“むつき:シュトーレン(ストールなどのおくるみと同義)”と名付けたのではないかと言われています。
また、キリスト生誕を祝福に来た人に聖母マリアが焼いたお菓子ともいわれています。

いずれの場合も宗教に、特に現在ではキリスト教の布教に密接な関係が有るようです。 クリスマスにあたる12月25日は冬至の「後」で、太陽がよみがえる日としたミトラ教(元ペルシアの大神、インドヨーロッパ民族の古い神)の教義にも合い、キリスト教はローマ人の間では軍人、兵士の間で崇拝され、ヨーロッパ各地に伝播する機会を得て行き、その為、宗教上の儀式に使われた焼き菓子の供え物も、後世にキリスト教のものとして定着したとみられます。
ゲルマンの冬至の祭りも同じ冬至の時期で、初代キリスト教の指導者達が、こうした農耕上の祭りに主イエスキリストの降誕を結びつけたのが「クリスマス」の定着の背景のようです。
宗教的妥協で、キリスト教の普及に伴いゲルマンでも伝統的民族宗教と習合する中で、シュトーレンが坑道の意味や、長いパンを指してきた物が、何時しか宗教的意味合いを求められ、「命名の由来はキリスト」の「イエスの揺りかご」や「着ぐるみ」と付け加えた可能性は高いとみられます。特に、今のような形にシュトーレンがなったのは、14世紀、16世紀以後の食文化の質的な向上と宗教改革などの布教の歴史的契機と符合するとみられます。

その食べられ方
ドイツでは11月からシュトーレンが焼始められ、12月 1日にはパン屋や菓子屋の店頭に並び、クリスマスシーズンの到来を告げる。焼立てをすぐに食べるものではなく、日がたつにつれ、ラム酒やフルーツの香りが馴染み、味わいが深くなります。クリスマスの日までこれを薄くスライスして少しずつ食べるという習慣があるのだそうです。



knackspace at 17:45|PermalinkComments(0)ぱん | 豆知識

2016年11月04日

お菓子とパンの型の収納

気がつくと
ついつい増えてしまう

お菓子やパンの型
BlogPaint

キッチン背面の引き出しに収納していますが
使っているうちに


ぐちゃぐちゃに


BlogPaint

トヨ型を新しく買ったのを機に

使いやすくしました
BlogPaint

引き出し収納の場合
引き出しごとにある程度カテゴリーわけすると
使いやすいです



型類はタテ置きで
全てのどこにあるかわかるようになりました


型を探す時間が短縮


また


型が見えることで

今度

これを作ろう
あれを作ろうと

イメージも湧きますね


カテゴリーに分けて
取り出しやすいように
紙袋とタッパウエアで仕切りました

紙はカビの問題とかもありますが
湿気がないところでは
まめに取り替えれば大丈夫


収納用具はいきなり買わず

このように

簡易なもので
お試しで使ってみてから


使い勝手
大きさなど
検討して購入するといいですよ


使っていないタッパウエアは
収納の仕切りに意外と使えます


他の場所に

プリンの型や
パイレックスの型も収納してありますが


今後はあまり使わない型は
整理していこうと思っています


使わないのは使いにくいとか
何か原因があるはずですし

そういうものたちで場所が占有されているのは

もったいないですから




整理収納の様子
詳しくは姉妹ブログ Beautiful Life


knackspace at 03:32|PermalinkComments(0)グッズ 

2016年10月31日

Happy Halloween ♪

HAPPY HALLOWEEN 🎃


何がらしいことを~と
かぼちゃのモンブランを作りました

BlogPaint

栗の代わりにかぼちゃを使い
メープルシュガーで
コクを出しました

かぼちゃクリームの下は
チーズのクリーム
甘過ぎず
味のアクセントに

台は今回は
かぼちゃを練りこんだマフィン風の生地に
ジェノワーズ生地(スポンジ生地)でもよいと思います

trick or treat 

やっぱり
イタズラよりお菓子がいいよね~


クリームのルセットを紹介します
作ってみてね



かぼちゃモンブラン

BlogPaint


かぼちゃクリーム
かぼちゃ 150g
 *蒸して裏ごししてください
  スチコン、電子レンジで加熱でも良いです
メープルシュガー 30g
生クリーム 100g

チーズクリーム
クリームチーズ  50g
メープルシュガー 10g
生クリーム 20g




knackspace at 23:00|PermalinkComments(0)お菓子 | レシピ